【ブログ】資金繰りの悩み~1~ 投資の失敗

2018年8月28日

福岡をはじめ九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

日々経営にご奮闘する方々におかれましては、

 

自社の業績とともに資金についての課題を大なり小なり抱えていらっしゃることと存じます。

 

このブログでは、資金調達にまつわるネタで、つづります。

 

今回よりシリーズで資金繰りの悩みについて書いて行きます

1回目は、投資の失敗です。

 

 

本業以外の投資は嫌われる?

 

 

当社にお越しになったある経営者の話です。

 

資金繰りに窮し、銀行の融資ができなくなったことで相談に来られました。

 

理由は、本業以外への投資が失敗したということです。

 

企業の経営者になると、大なり小なり各方面から、

 

「お金を増やしませんか?」「資産を有効活用しませんか?」

 

という旨の誘いがあります。必ずあります。いわゆる投資の話です。

 

本業に関わりが深い属性の投資に対しては、銀行は応援する傾向にあります。その投資により事業が拡大し、好調になればベストです。

 

投資に対する効果が認められれば、銀行からの資金調達の可能性は高まります。

 

しかし、本業に関わりがない・薄い中身の投資に対しては、銀行側が嫌う傾向が強いです。

 

特に代表者個人の趣味や利益のための投資には、ほぼ100%融資の審査は通りません。

 

 

この相談者は、銀行の融資は出来なかったので、ノンバンクから借り入れを行い、

 

本業以外の投資をして、失敗したようです。その補てんのための資金調達が必要となり、

 

当然銀行の融資は不可能であること、これ以上ノンバンクからの借り入れは危険となったのです。

 

 

ファクタリングで補てん?

 

 

そのお客様は、当社のファクタリングにより投資の失敗分の補てんをすることとなりました。

 

ファクタリングは、売掛金を当社が買い受けて、売買代金分を資金として提供する手法です。

 

貸金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。要するに売掛金という資産を活用した資金調達です。

 

幸い、お客様には優良な売掛金を持っておられました。

 

ファクタリングでの資金調達後の使用用途については、当社は関わりません。

 

一方で、われわれは金融のプロですので、

 

今回冒頭の相談者へは一応「本業以外の投資は、より慎重になることです」とアドバイスはさせていただきました。

 

株式会社西日本ファクター