【ブログ】地域特性とファクタリング

2018年9月22日

福岡をはじめ九州および中国地方のエリアに特化した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

 

経営者の皆様におかれましては、日々事業活動に励まれて、

 

その活動の中で資金についての課題は、多かれ少なかれ存在されていることでしょう。

 

 

当社の資金調達サポートは、ファクタリングとする手法を提案いたしております。

 

ファクタリングとは、お客様が現在保有している売掛金を当社が買い受けて、売買代金分を資金として提供する手法です。

 

手数料はいただきますが(2.8%〜)、借入金ではなく、『債権の売買契約』に該当する契約です。

 

要するに売掛金の売買による資金調達です。

 

審査は、経営者のお人柄や売掛先の企業情報に重点を置き、金融機関が実施する審査とは一線を画します。

 

そして、条件がそろえば、即日での資金調達が実現いたします。

 

 

増加傾向のファクタリング会社

 

今回と次回に分けて地域特性とファクタリングについて記します。

 

ファクタリング会社は近年、新規参入が増加傾向にあります。

 

短期間・短時間での資金調達が実現することで、徐々にクローズアップされております。

 

そのようななかで、国内のファクタリング会社は東京都が多数を占めております。

 

電話一本で、全国対応での資金調達を実施しております。

 

 

地域特性の大切さ

 

一方で、諸手続きに関して時間を要するケースが多発しております。

 

東京本社の企業であれば関東圏内の案件は、比較的短時間での対応を実施する一方で、

 

九州・中国地方の案件は、即対応という訳にはいかないことが多いです。

 

理由は、地域の情報はやはり地元が一番だからです。

 

顧客情報、売掛先企業ともに地元に近いほど、短時間で収集ができます。

 

審査において特に重要なのが売掛先の属性です。

 

東京本社のファクタリング会社が、各地方に出先機関があればできますが、

 

そこまでの体制が作られている企業はほとんどありません。

 

よって、いくつかの手続きを行ってから調査することとなります。

 

 

当社は、福岡をはじめ九州・中国地方に関しては、万全の体制で対応させていただいております。

 

また、今年5月より近畿・関西エリアの買取りにも対応させていただいております。

 

事業資金のご相談は是非、西日本ファクターにお任せください。