個人事業主様のファクタリング利用について

2019年12月18日

福岡をはじめ九州および中国地方・関西地方のエリアに対応した資金調達をサポートする西日本ファクターです。

今回は個人事業主様のファクタリング利用についてお話したいと思います。

近年の資金調達方法として確立してきたファクタリングですが、

法人(株式会社、有限会社、合同会社など)ではない個人事業主様もファクタリングを

利用して資金調達ができるのでしょうか?

結論からですが、個人事業主様でもファクタリングを利用して資金調達ができます。

ただし、法人と比べると色々制限があるファクタリング会社が多いようです。

ファクタリングは個人事業主様にとって有効な資金調達方法の1つです。

まずは簡単にファクタリングについてご説明します。

ファクタリングとは、個人事業主様が売掛先に商品やサービスを提供して発生した

売掛債権(売掛金)を売掛債権(売掛金)の支払い期日前にファクタリング会社が買取して、

資金化するサービスで簡単に言うと入金期日前の売掛債権(売掛金)を入金期日前に

ファクタリング会社に買取ってもらい早期資金化するサービスなのです。

詳しくは西日本ファクターホームページの

下記リンク「リンクファクタリングの仕組み」に詳しく掲載しておりますので御覧下さい。

ファクタリングの仕組み

次にファクタリングのメリット、デメリットについてお話しします。

<strong>ファクタリングのメリット</strong>

①個人事業主様でも売掛債権(売掛金)がしっかりしていれば審査に通りやすい。

個人事業主様が使える資金調達方法として銀行融資や政策金融公庫からの融資、ノンバクなどのビジネスローンがあります

ですが、これらの融資は信用情報を重視して融資するか否かを判断します。

法人ではない個人事業主様では審査に落ちてしまうこともしばしばあります。

法人と比べたら信用が弱い(個人の信用しかない)ので審査に落ちてしまうことがあります。

ファクタリングは、しっかりした売掛債権(売掛金)があれば個人事業主様も利用可能です。

ファクタリングは個人事業主様にとって比較的簡単に資金調達ができる唯一の方法と言っても過言ではありません。

②資金調達までのスピードが早い

銀行や政策金融公庫から融資を受ける場合、資金調達まで数週間から数ヶ月の時間がかかってしまいます。

個人事業主様でしたら更に時間がかかってしまうケースも少なくはありません。

ファクタリングは、売掛債権(売掛金)がしっかりしていれば最短で即日資金調達が可能です。

他のどの資金調達方法よりも資金調達までのスピードが早いのも魅力の一つでありメリットです。

③繰り返し利用することができる

ファクタリングは毎月繰り返し利用することができます。

個人事業主様の場合、小規模でビジネスを営んでいるケースが多く売掛先も数社の場合がほとんどです。

そのような場合、定期的に入金される売掛金があれば審査に通る可能性も極めて高くなります。

ファクタリングは継続的に特定の売掛先企業から入金されていた場合、審査に通りやすくなります。

④信用情報にキズが付かない(残らない)

個人事業主様の場合だと、一般のキャッシングやクレジットカードと同様に、

銀行に融資のお申し込みをした場合、その可否も含めて信用機関に情報が残ってしまいます。

銀行やノンバンクの審査に落ちてしまった場合、信用情報にキズが付きますので、

個人的なキャッシングなどにも必然的に影響してしまいます。

ファクタリングは融資ではありませんので、信用情報にキズがつくことはありません。

また、ファクタリンクの審査に落ちてしまった場合であっても信用情報にキズは付きませんので、安心してお申し込みできます。

⑤税金や社会保険料などを滞納していてもファクタリングは利用可能

税金や社会保険料を滞納していた場合、銀行融資や政策金融公庫からの融資が受けられない可能性が高いです。

小規模でビジネスをしている個人事業主様が多いからこそ、全体的には税金を払うことが出来ず滞納しているケースは少なくはありません。

税金や社会保険料などを滞納していた場合でも、ファクタリングを利用することはできます。

ただし、関係各所に相談してきちんとした支払い計画(分納計画)を立てていることが前提です。

たとえば、税金なら税務署に行き滞納分の支払い計画(分納計画)を立てておく必要があります。

もし、仮に税金や社会保険料を滞納していて、放置していた場合、売掛債権(売掛金)も含めて

関係各所に差し押さえされてしまう可能性もありますので放置している場合は一刻も早く関係各所に相談してください。

ファクタリングでも放置の税金や社会保険料の滞納があれば審査に通らない可能性もあります。

⑥保証人や担保は不要

ファクタリングは、銀行融資などと違い保証人や担保は必要ありません。

売掛債権(売掛金)があれば申し込みができるので、ファクタリングは個人事業主様に向いている資金調達方法といえます。

<strong>ファクタリングのデメリット</strong>

①買取手数料(ファクタリング手数料)がかかってしまう

ファクタリング手数料は、2社間ファクタリングだと、8%〜30%、3社間ファクタリングだと2.8%〜10%の

買取手数料(ファクタリング手数料)がかかってしまいます。

簡単に資金調達できる分、この手数料は仕方ありません。

また、ファクタリング会社ごとに手数料は違います。

それは、各ファクタリング会社が売掛債権(売掛金)の未回収リスクを考えて決めているからです。

また、ファクタリング手数料の上限が法律で決められている訳ではない為、ファクタリング手数料に大きなひらきがあります。

②ファクタリング会社選びが難しい

ファクタリング会社の中には闇金のような会社や、違法な取り立てをするファクタリング会社も残念ながら存在します。

もし、そんなファクタリング会社と付き合うことになったら資金繰りの改善どころではありません。

また、そうではないファクタリング会社にしても、お客様にあったファクタリング会社でないと

資金繰りの改善ができない可能性も高いです。

極力安い手数料のファクタリング会社を選んだほうがいいでしょう。

現在日本には数多くのファクタリング会社が存在します。

ファクタリング会社ごとに個人事業主様でも利用OK、個人事業主様は利用NGと会社規定で決められております。

個人事業主様NGのファクタリング会社に申し込んでもお断りされることは当たり前ですが、

個人事業主様OKのファクタリング会社でもお断りされることは少なくはありません。

その理由は、個人事業主様OKであっても条件が揃っていなければNGの会社が多いからです。

条件とは様々ですが、売掛先企業が大手や上場企業、有名企業などで売掛債権(売掛金)を証明する書類が完璧にあること、

ファクタリング会社ごとに最低買取金額を設定しているのでその最低買取金額以上の売掛債権(売掛金)を持っていることなどです。

なので、個人事業主様OKでも条件が合わなくてお断りされるケースは多いです。

<strong>株式会社西日本ファクターより個人事業主様へ</strong>

個人事業主様のファクタリング利用は可能ですが、いろいろ制限もあり一筋縄ではいかないことはご理解頂けましたでしょうか。

現在、弊社と数多くの個人事業主様がファクタリング取引を行なっております。

弊社は個人事業主様だからといって極力差別はしないように努めております。

売掛債権(売掛金)さえしっかりしていれば柔軟な対応ができると思います。

また、個人債権(売掛先が個人の債権)の買取にも対応させて頂いております。

最後にはなりますが、個人事業主様で資金繰りにお困りの方は是非一度株式会社西日本ファクターにお問い合わせください。

必ずとお約束はできませんが、お力になれることもあると思います。

皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げます。

個人事業主様の資金調達が成功するようこの記事が参考になれば幸いです。